各種規約

食堂パス

規約を読む

第1条(食堂パスの実施)

三重大学生活協同組合(以下「生協」という)はIC学生証、職員証(以下「IC学生証等」といいます)で、生協が指定した利用期間及び指定した1日当たりの利用限度額の範囲内で、生協が指定する食堂等の店舗(以下(指定店舗)といいます)でICカード対応機器の認証で食事等を利用すること(以下「食堂パス」といいます)を許容します。

  • 2 生協の組合員は、食堂パス利用期間に対応する生協が指定した金額を、現金を添えもしくは生協が指定する金融機関口座への払込をもって申請することにより、生協が指定する日から、IC学生証等による食堂パスが利用できます。(以下「会員」といいます)ただし、食堂パスは利用開始日3営業日前までに生協所定の手続きにより解除することができます。
  • 3 食堂パスを利用できる指定食堂等については、別途定め、利用申し込み案内等で会員に明示します。

第2条(食堂パス利用の期間・1日あたり利用限度額・利用可能商品等)

生協は、食堂パス利用の期間、1日あたり利用限度額及び食堂パスで利用できる食事等商品の範囲を定め、これを会員に通知するものとします。

  • 2 食堂パスは本人が利用する限定で、他人の分の購入や他人への貸与等はできないものとし、会員はこれに反した場合、生協で食堂パスの利用停止措置ができることをあらかじめ承諾するものとします。
  • 3 食堂パス申し込みにかかる入金額に対する利息は、利用の有無、入金期間を問わず無利息とします。

第3条(食堂パスが利用できない場合)

会員は、次の場合には食堂パスが利用できないことをあらかじめ承諾するものとします。

  • ① 生協から脱退し、生協の組合員でなくなった場合
  • ② カードの紛失、汚損等により、食堂パスの読み取りが不可能な場合
  • ③ 指定食堂の端末機が停電、故障等のやむを得ない事情により利用できない場合
  • ④ 本利用細則から著しく逸脱した行為を行い、利用を一時的に停止されている場合
  • ⑤ 不可抗力(天災、暴動、流行病、政府・自治体および大学の命令)などのやむを得ない事情により計画外に食堂店舗を閉店した場合
  • ⑥ その他会員の事情により、カードを所持していない場合

第4条(食堂パスの紛失・汚損等)

会員は、IC学生証等の紛失、盗難、汚損・読み取り不能、その他再発行を必要とする場合には、三重大学、生協が定める規定に従い、IC学生証等の再発行を受けるものとします。

  • 2 食堂パス利用期間内である場合、生協は会員に対して再発行されたIC学生証等に食堂パス機能を設定するものとします。

第5条(食堂パス利用時の返品および返金)

食堂パスで購入した食事等の商品についての返品、返金は、レジ操作ミスなど生協の過失による場合の他は受け付けないこととします。

第6条(食堂パス利用期間終了後の未執行代金)

食堂パスの利用期間が終了した時点で食堂パス利用累計額が食堂パス購入価格に満たない場合、その差額を返金することとします。返金とはキャンパスペイプリペイドにチャージすることをいいます。

  • 2 返金は生協が定めた方法で行い、その際に発生する手数料がある場合は会員が負担します。

第7条(食堂パス期間中の解約および返金)

生協がやむを得ない事情と判断した場合に限り会員が、食堂パス利用期間中において解約することができるものとします。

  • 2 会員が食堂パス期間中において解約をする場合は、生協は会員から生協所定の手続きによる申し出を受けて、食堂パス未執行代金を返金します。
  • 3 解約による未執行代金とは、食堂パス購入価格から、実際に利用した金額を控除した金額をいいます。マイナスとなった場合は、返金はないものとします。
  • 4 解約は会員が学生の場合は保護者の同意が必要とします。また、返金は生協が指定した方法で行い、その際に発生する手数料がある場合は会員が負担します。

第8条(改廃)

本規則の改廃は生協理事会が行い、会員に通知します。

第9条(施行)

本規則は2015年1月22日から施行します。

三重大学生協オリジナル講座・講習会お申込みのみなさまへ

下記事項を必ずご確認の上、お申込み頂きますようお願いします。

お問い合わせ 翠陵店 TEL:059-232-5007

規約を読む
  1. 1. 講座・講習会の内容・スケジュールは変更する場合があります。但し、変更の際は事前にご連絡をします。
  2. 2. 講座・講習会に関わるテキスト・問題集・レジュメなどの印刷物、使用データなどの教材は生協に無断で複製・複写することは一切できません。
  3. 3. 講座・講習会を受ける権利を他人に譲渡することはできません。
  4. 4. 講座・講習会の「お申し込み後の解約」については、以下の規定に基づき対応いたします。

    (a)講座お申し込み後の解約については、教材の準備等がございますので各講座初回の1週間前までにご連絡ください。各講座初回まで1週間を切っている場合および初回開講後の解約のお申し出は受付できかねます。また、申込時点で各講座初回まで1週間を切っている場合は原則キャンセル不可となります。

    (b)ご連絡いただいた後、解約申請書をお渡しします。必要事項を記入後生協店舗に提出いただき、解約成立となります。解約申請書は各講座初回の1週間前までにお申し出いただき、発行したものが有効です。なお、講座の解約には保護者様のご同意が必要です。

    (c)解約された場合、該当講座受講料の全額(講座セットを同時申込の場合、パソコン講習会については割引後の金額)を返金致します。

    (d)解約の返金方法は、口座振込のみと致します。ご返金時に発生する手数料等はお客様負担となります。お手続きに1週間ほどお時間を頂きます。

    (e)お申し込み後の解約が不実告知による誤認または威迫による困惑によって行使されなかった場合には、お申し込み後の解約ができる等、法が定めた要件を記載した書面を再度受領して8日を経過するまでは、お申し込み後の解約ができます。

    (f)各講座・講習会の申し込みをした時点で、当規約に同意したものとみなします。

    (g)頂いた個人情報は三重大学生活協同組合個人情報保護法方針 (http://www.mucoop.jp/) に則り、三重大学生協が管理します。

生協オリジナルパソコン4年間安心サポートパック規約

お問い合わせ 翠陵店 TEL:059-232-5007

4年間安心サポートパック(以下、「4年間SP」といいます。)は、以下のサポートサービスに関する利用規約(以下、「本規約」といいます。)に申込者が同意いただくことを条件として、パソコンサポートサービス(以下、「本件サービス」といいます。)を提供するものといたします。

従ってサービスをご利用される場合は、以下に同意したものとみなします。

規約を読む

第1条(規約の適用)

三重大学生活協同組合(以下、「生協」といいます。)は、サービスを提供するにあたり、本規約に基づき実施するものとします。

第2条(規約の改訂)

本規約は、利用者の承諾なく随時改訂できるものとし、改訂内容に関しては、改訂後生協店舗の店頭もしくは生協のホームページ上で公開するものとします。

第3条(サービスの提供範囲)

生協は、以下の条件を有する者が、生協店舗に持ち込むことで本件サービスを提供するものとします。

  • 1. 生協の組合員であること。
  • 2. 生協が新学期教材学習用として提案したパソコンを購入し、同時に4年間SPに加入申込をしていること。
  • 3. 対象となるパソコンが、メーカー保証及びその延長保証、動産保障の期間内であること。
  • 4. 生協で購入した製品(ソフトウエア、周辺機器等)について、開発元(メーカー)が動作保証している場合。
  • 5. ご依頼内容に違法性がないもの。
  • 6. ご依頼内容が生協の業務遂行を著しく妨げることがないもの。

第4条(サービス項目)

本件サービスの項目に関しては、予告なく改訂する場合があります。改訂内容に関しては改訂後、生協店舗の店頭もしくは生協のホームページ上で公開するものとします。改訂において、4年間SPの料金に差額が生じた場合であっても、差額の請求・返金はありません。

第5条(サービス作業規約)

  • 1. 本件サービスの遂行に当たって作業が必要な場合、原則として、該当のパソコンその他本件サービスの遂行に必要な物を、生協店舗に持ち込んでいただき、パソコンをお預かりした上で、本件サービスを行います。
  • 2. 生協は前項でお預かりしたパソコンその他の機器に保存されているデータの保証・管理責任を負いません。あらかじめバックアップ等必要な対応をお願いします。生協は自ら定めた手順により誠実に作業を行い、万が一保存されたデータが、改変、消失、流出、破損が発生しても、その責を負いません。
  • 3. 生協は保存されているデータが、サービスを申し出た組合員自身の所有でなく、第三者の権利を侵害することが明らかであると判断した場合、または利用者が認識した場合、当該データを通知なく削除することができます。
  • 4. 第1項に定めるパソコンその他の機器のお預かり時に、作業手順を説明する場合があります。ただし、作業時に説明した手順で解決できない場合、他の手法で対応を行う場合があります。
  • 5. 作業にあたり、保証・動産保障対象外のメディア・消耗品等が必要な場合、あらかじめ案内の上作業を行い、実費を請求します。
  • 6. 保証・動産保障の対象(機器の故障)と判断した場合、あらかじめ案内の上修理等の対応を行います。その際、保存されたデータは、メーカー等の修理作業において初期化され、保存されたデータは消去される場合があります。

第6条(サポート完了及び納品の定義)

  • 1. 本件サービスの完了及び納品は、不具合の回復をご自身で確認いただき、承認を持って成立するものとします。
  • 2. 本件サービスの完了後、納品から1週間以内に、本件サービスに不備があった旨の通知がない場合、前項の承認をしたものとみなします。

第7条(解約)

組合員より解約の申し出があった場合、解約ができます。但し、解約による料金の返却は致しません。

第8条(免責事項)

生協は細心の注意を払い業務を遂行しますが、何らかの事由により、本件サービスのご利用による組合員もしくは第三者が被った損害に対して、生協はその責ならびに補償を負わないものとします。

第9条(専属的合意管轄)

生協及び組合員は、本契約に関して裁判上の紛争が生じた場合は、津地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

新入生応援サイト トップへ

ページの先頭へ